キャピキシル育毛剤とヘアサイクルを理解する

キャピキシルのヘアサイクル(頭髪回転)への役割

ヘアサイクルとは?

ヘアサイクルとは、毛が誕生して抜き取れるまでの手続きのことです。

毛は、発育期時、退行期時、凍結期時というものすごく3つのフェーズを経て最後は脱毛してしまう。

脱毛したらまた新しく生えてきて発育期時からこういう回転を繰り返します。

こういう3つのフェーズの手続きをヘアサイクル (頭髪回転)といいます。

毛1本1本でヘアサイクルの回転の日数やヘアサイクルのどの時にあるかが異なります。

ヘアサイクル

メンズの場合は2クラスから5クラス、マミーの場合は4クラスから6クラスというのが健康なときのヘアサイクル(1ペース)の基点となります。

ヘアサイクルの手続き

発育期

発育期とは、文字通り毛が成長する時だ。

この時期は、頭髪乳頭からの指図で頭髪女細胞が活発に軽減を繰り返し、初々しい毛が成長していきます。

健康なヘアサイクルの症例、目新しい毛は、一般的にメンズなら約3クラスから5クラス、マミーなら4クラスから6クラス、髪が育ち続けます。

毛全体のおよそ85パーセント~90パーセントがこういう発育期の時にあるといわれています。

退行期

毛が成長しなくなる時だ。

頭髪乳頭の行為が低下し、頭髪女細胞の細胞軽減が減少します。

髪は頭髪乳頭から離れて完全に発育を打ち切るまで約2~3ウィークかかります。

毛のおよそ1パーセントほどがこういう退行期の時にあるといわれています。

凍結期

頭髪女細胞の細胞軽減が停止し、抜毛が始まります。

発育が止まった髪は、だんだん上に上がって赴き、抜け落ちる対処を行う。

3~5ヶ月隔たりこの状態が続きます。

毛のおよそ10~20パーセントほどがこういう凍結期の時にあるといわれてあり、凍結期に残る古くさい毛は初々しい毛に押し出されるような状態にあり、洗顔やブラッシングで抜けやすくなっています。

 

AGAとヘアサイクル

AGA(メンズ様式抜毛症)のユーザーは、悪玉メンズホルモンDHTの影響で、ヘアサイクルインナーの発育期の時が大幅に短くなってしまう。

AGAを発症すると、原則2~6クラス貫くはずの発育期が数ヶ月~1クラスくらいに短縮されてしまう。

その結果、発育期の毛の配分が減少し、毛が十分に発育しきる前に抜けてしまうので、細長い毛が目立ち、ヘアーが薄くなっていきます。

健康なヘアサイクルけれども1日におよそ50テキストから100テキストの脱毛が発生するのが普通ですのでこの程度の脱毛であればさほど問題ありませんが、それ以上の脱毛が確認できるようになったり、脱毛の毛根パートが小さかったり、脱毛自体が細かったりする場合は要注意です。

 

キャピキシルの役割

キャピキシルに含まれているビオカニンA(アカツメクサ花エキス)は、AGA(メンズ様式抜毛症)の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)を生み出す5αリダクターゼを抑制する作用があるとされています。

5αリダクターゼが抑制されると、AGAの元凶であるDHTの制作も減少し、データ、脱毛・薄毛になる心配が低くなります。

実際にLUCAS MEYER COSMETICS社が公表している検証データでも、キャピキシルを使用すると、発育期の髪の配分が増し、凍結期の髪の配分が減少したと講じる認証もあるようです。