ミノキシジルは育毛剤としては危険

薄毛治療にも様々な方法がありますが、
特に手軽に取り入れることができる方法といえば、薬の利用があげられます。

薬は飲むタイプ、そして頭皮に直接つけて改善を目指すタイプがあります。

頭皮に直接つけるタイプの薬ではミノキシジルが有名です。

こちらは医療機関で処方してもらうこともできますし、
市販でもミノキシジル配合の育毛剤が販売されています。

薬は手軽に取り入れることができる方法で、多くの人に利用されていますが、
やはりどんな薬にも副作用はありますので、
続けていくことで危険はないのか心配になっている人もあるのではないでしょうか。

まず、ミノキシジルの場合はもともとは薄毛の治療目的ではなく、
高血圧の治療で利用されていた薬ということを理解しておきましょう。

こちらの薬は血管拡張作用がありますので、血行が促進されます。
薬を利用している人に毛が増えた効果が見られたことから、
育毛剤としても活用されるようになりました。

頭皮に直接つけるタイプの薬であれば、
頭皮が赤くなるなどの症状が出ることはありますが、
大きな副作用は少ないとされています。

そして、注意したいのは飲むタイプのミノキシジルを使っている場合です。

一般的な治療では、頭皮に塗布する治療が行われますが、より高い効果を得たいということで、
内服する方法を選ぶ人もあります。

こちらで注意したいのは、まずもともとは降圧剤として使われていましたので、
低血圧の人が利用すると血圧が下がりすぎてしまうこともあります。

そして高血圧ですでに降圧剤を利用している場合も血圧が下がりやすいので注意が必要です。

そして飲むタイムの薬は全身に作用しますので、髪の毛だけではなく、
全身の毛が増えてしまうリスクもあります。

さらに肝臓の悪い人の場合は薬の分解で肝臓に負担がかかってしまう場合もありますので注意が必要です。

直接頭皮につけるタイプであればこうした副作用の危険は少ないですが、
利用前はその特徴はよく理解しておくことが大切です。