キャピキシルの育毛効果って?

キャピキシルの育毛効果ってどれくらいあるんでしょうか?

また、どんな成分でどのように作用するのか?副作用の心配は?

まとめてみました。

 

キャピキシルって?

キャピキシルとは、もともと存在する根本ではなく、カナダのコスメメーカー「LUCAS MEYER COSMETICSオフィス」が開発した根本で、成長因子と植物要の事前統合根底だ。

・アセチルテトラペプチド-3(成長因子)と
・アカツメクサ花エキス(植物要)
という根本で構成されています。

アカツメクサ花

それぞれの根本の用途が分かれば、キャピキシルというものがどういうものかお分かり頂けると思います。

アセチルテトラペプチド-3

アセチルテトラペプチド-3は、4ランキングのアミノ酸で構成されてあり、細胞外側マトリックスを改良(リバイバル)講じる用途を持つ根本(成長因子)だ。

細胞外側マトリックスとは聴きなれない申し立てですが、細胞と細胞をつなぐ有益根本の結果、細胞を守ったり、細胞の用途を良くしたりやる根本だと考えられています。こういう働きは医学の最前線でも活用されてあり、火傷で痛んです素肌の改良などに対して良い細胞改修成果がもたらされたり行なう。

毛の生育において重要な役割を担っている髪の毛包の組織格納と既存力を決める結果育毛成果が期待されてある。

ミノキシジルの3ダブルの効果があると仰る所以は、こういう根本によるものです。

キャピキシルの活性たびはミノキシジルの約3ダブル

アカツメクサ花エキス

アカツメクサ花エキスにはビオカニンAという根本が豊富に含まれています。

ビオカニンAは、イソフラボンの一種で奥様ホルモンと類似した組織を持つ分子で、AGA(男子型抜毛症)の原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)を生み出す「5αリダクターゼ」を抑制する作用があるとされています。

5αリダクターゼを抑制すると抜毛のきっかけ物質ですDHTの生育が少なくなり、その結果、脱毛・薄毛が改善されるという成果につながります。

※AGA(男子型抜毛症)のメカニクス(詳細はAGAのメカニクスをサーチ)

AGAに対するキャピキシルの働き

こういう働きは、医薬品ですフィナステリド(日本の医院で処方されるプロペシアの根本ニックネーム)とおんなじ働きだ。

キャピキシルの育毛効果

 

キャピキシルは、これら2つの根本

・アセチルテトラペプチド-3の髪の毛包の組織格納を決める働き

・アカツメクサ花エキスの5αリダクターゼを抑制する働き

を持つことで、大きな育毛成果が期待されているという訳です。

ミノキシジルの3ダブルの発毛成果?

キャピキシルを紹介するwebでは、ミノキシジルの3ダブルの効果があると記載されています。

これは、LUCAS MEYER COSMETICSオフィスの検証で、培養された細胞会社で同条件のマテリアルミノキシジルとキャピキシルでの起動を比較した収支、キャピキシルの細胞会社の発毛起動がミノキシジルのおよそ3ダブル得られたという検証結果が示されている時によるものです。

人間のスカルプで実際に確認された訳ではなく、単純にキャピキシルがミノキシジルの3ダブルの発毛効果があると始めるものではありませんが、同じくLUCAS MEYER COSMETICSオフィスが行った臨床検証では、ミノキシジルとの確認チェックは無いもののキャピキシルには発毛を促す成果と脱毛を抑制する成果のそれぞれがあることが明らかにされてある。

 

キャピキシル臨床試験の検証結果って?

LUCAS MEYER COSMETICSオフィスは、実際にキャピキシルを使用してみた人のチェックも公開しています。

それによれば、4か月際使用した収支、ヘアサイクルまん中の進歩期に居残る髪の比が10百分比上記継ぎ足し、中止期の髪の比が30百分比傍ら減少したとなっています。

このようにキャピキシルは元気な髪を付け足し脱毛を燃やすといった2つの成果あることが実際の人のスカルプで確認されています。

ミノキシジルの3ダブルの発毛成果という根拠は確認できないにしても、そんな検証結果が示されていることや、実際のキャピキシル使用で大きい育毛成果を体感した方も掛かることから、キャピキシルのお客様が急増しているのは確かです。

このためキャピキシルの効果に興味が入り込み、最近では育毛剤や一部の育毛洗浄などに配合されるようになってきました。

※ミノキシジルとは、米で開発された根本で、髪の毛奥さん細胞と髪の毛乳頭のそれぞれを活性化させる事により、発毛を促進させる働きがあります。日本のドラッグストアで販売されているお馴染みのリアップ(大正製薬)の主要根本だ。

こういうキャピキシルを配合した育毛剤には、フィンジアの以外、ザスカルプ5.0c、バイタルウェーブスカルプローション、ボストンスカルプエッセンス、Deeper3Dなどが残る以外、キャピキシルを配合した洗浄も販売されています。

 

キャピキシルの副作用はない?!

キャピキシルの初め根本が野放し根本だからと言ってリアクションが全くないとは言いきれませんが、臨床検証ではキャピキシルのリアクションは比較できなかったと報告されてある。

フィナステリドやミノキシジルのリアクションが懸念される中で、リアクションが無く大きな効果が期待できるとあって後々ますます注目される根本になると思われます。